シミが薄くなる飲み薬はあるの?

どうやったらシミを消すことができるの?

シミ予防と出来てしまったシミを消す対処法

 

美白化粧品を使っているのになかなかシミが改善されない・・・

ことってありませんか?
外側からケアすることも大切ですが、カラダの内側からケアすることも大切なんですよ。

 

出来てしまったシミも飲み薬で消すことができるの?
はい、消すことはできます。
今日飲んで、明日完全にシミを消す!
なんて夢のようにはいきませんが、ちゃんと根気強くケアすれば、シミを薄くすることは可能です。

 

年だからできてしまったシミはもう消せないとあきらめないでください。
出来てしまったシミもこれからできるシミに効く飲み薬で対処することができます。
このサイトでは、シミができる原因とカラダの内側からシミを消す飲み薬の選び方と効果効能について解説いたします。

 

 

もくじ


1.シミができる原因とは
 ・シミの要因となっているのは3つの隠れ炎症
2.シミに効く飲み薬のおすすめランキング
3.シミに効く飲み薬の選び方
 ・医薬品とサプリメントの違いとは?
 ・シミに効く医薬品リスクの区分表示とは
 ・シミに効く飲み薬が体内で作用する仕組み
 ・シミに効く有効成分で選ぶ
【L-システインの効果効能】
【ビタミンC(アスコルビン酸)の効果効能】
【ビタミンB1の効果効能】
【ビタミンB2の効果効能】
【ビタミンB6の効果効能】
【ビタミンE(トコフェロール)の効果効能】
【ビタミンB1の効果効能】

 ・薬の飲み方について
 ・薬の安全性と副作用について
【L-システインの副作用】
【ビタミンCの副作用】
【ビタミンB1の副作用】
【ビタミンB2の副作用】
【ビタミンB6の副作用】
【ビタミンEの副作用】
【パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)の副作用】
【ローヤルゼリーの副作用】
 副作用の症状のまとめ
4.カラダ内側から美肌になる9つの方法
 ・肌断食でリセットしてみる
 ・美肌睡眠を実施する
 ・美肌食をとる
 ・美肌ジュース飲む

 ・内臓を冷やさないようにする
 ・漢方的解消法を行う
 ・美肌になるツボを押す
 ・美肌になる呼吸法をやってみる
 ・シミに効く飲み薬を飲む
5.これ以上、シミを作らせない、濃くしない方法
  ・シミ予防とこれ以上シミを濃くしないための2つの栄養素
   ・おすすめのシミに効く飲み薬


シミに効く飲み薬ランキング

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの特徴

シミだけでなく、小ジワへの効果効能が認められた医薬品は、ロスミンローヤルだけです。また、各種生薬の相乗効果で血流を促して、冷え性、肩こり、腰痛、のぼせ、めまい、耳鳴りなどにも効きます。13種類に有効成分と9種類の生薬が、血行や新陳代謝を整えて、すでに受けてしまった肌ダメージをすみやに回復させながら、生薬の力で血行を改善し、紫外線によるトラブルから肌を守ってくれます。

価格 1.900円(初回限定)通常価格7.600円
主な有効成分 Lーシステイン、DLーメチオニン、アスコルビン酸(V.C)、ビタミンB群・E、シャクヤク、ソウジュツ、タクシャ、ブクリョウ、ローヤルゼリー、センキュウ、トウキ、ハンゲ、ニンジン
備考 定期コースの解約しばりはない。お届けの10日前までに解約できる。
ロスミンローヤルのおすすめ理由

シミだけでなく、国内唯一小ジワの効能が認められた医薬品です。シミ、小ジワのダブル効果のほか、ローヤルゼリーをはじめ9種類の生薬の相乗効果で冷え性や肩こり、腰痛などの女性特有の不調も改善できるのが、うれしいですね。97.6%の女性医師が飲み続けたい医薬品であるという、ドクター推奨品であるところも安心できます。

ホワイピュア

ホワイピュアの特徴

シミ・そばかすに飲んで効く医薬品です。メラニンの過剰な生成を抑制して、排出するL-システインを最大量240mgも配合されています。また、メラニンの生成を抑え、ビタミンEのサポートやコラーゲンの生成に役立つビタミンC1.000mgをはじめ、各種ビタミンが肌の健康をカラダの内側からケアしてくれます。根本的なシミ・そばかすの対策ができるのが、ホワイピュアです。

価格 2.900円(初回限定)通常価格5.800円 2回目以降4.980円
主な有効成分 アスコルビン酸(ビタミンC1.000mg)、L-システイン(240mg)、リボフラビン(ビタミンB6mg)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6 12mg)、コハク酸d-a-トコフェロール(天然型ビタミンE50mg)
備考 定期購入に回数しばりはありません。解約はお電話で。
ホワイピュアのおすすめ理由

メラニンの過剰な生成を抑制・排出する有効成分L-システインが最大量240mgとビタミンCが1000mgも配合されいます。また、肌の生まれ変わりを促進するビタミン類も配合されているので、相乗効果として、できてしまったシミの元から対策できます。皮膚科医の96.6%が飲み続けたい医薬品だというドクター推奨品ですのので、安心して飲むことができます。

キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラスの特徴

キミエホワイトプラスには、3つの有効成分がバランスよく配合されています。L-システインは、シミやソバカスのもとになる黒色メラニンの生成を抑制し皮膚の代謝をスムーズにしてメラニンをの排出も促します。アスコルビン酸は、メラニン色素の生成を抑えます。パントテン酸カルシウムは、肌の生まれ変わりを助けてくれる有効成分です。この3つの有効成分がお肌の生まれ変わりを助けてくれるのです。

価格 1.900円(初回限定)2回目以降4.200円 通常価格4.200円
主な有効成分 L-システイン、アスコルビン酸、パントテン酸カルシウム
備考 定期購入の縛りはありません。購入金額が5.000円以下だと送料700円が別途かかります
キミエホワイトプラスのおすすめ理由

黒色メラニンの生成を抑制・排出するL-システインが国内承認量最大の240mg配合されています。それにプラス、肌の新陳代謝をよくするパントテン酸カルシウムが配合されているので、よりシミ・そばかすへの効果が期待できます。さらにニキビや湿疹、かぶれにも効果があります。おまけに疲れやだるさ、二日酔いに効くのがうれしいです。フィルムコーティング錠になり、1回1錠で継続して飲みやすいです。

ミルセリンホワイト

ミルセリンホワイトの特徴

ミルセリンホワイトは、お肌の新陳代謝「ターンオーバー」を促進し、3つのステップでシミを緩和します。1、L-システインでメラニンの過剰な生成を抑えます。2、ビタミンCで表皮に沈着したシミを薄く目立たなくします。3、ビタミンE,B2,B6がL-システインと協力しあって、皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーを促進します。シミ、ソバカス、日焼け、かぶれによる色素沈着の緩和、ニキビ、湿疹などにも効果があります。

価格 2,200円(定期購入1ヶ月毎、2ヶ月毎、3ヶ月毎選べます)通常価格2.682円
主な有効成分 アスコルビン酸(1000mg)、L-システイン(240mg)、天然型ビタミンE(50mg)、ビタミンB2、ビタミンB6
備考 定期コースの継続しばりはありません。3個まとめて買うと1個2.000円。購入金額が5.400以下は送料540円かかります
ミルセリンホワイトのおすすめ理由

メラニンの過剰な生成を抑えてしみのl根本に働く「美肌アミノ酸」を最大量240mg配合。表皮に沈着したシミを目立たなくするビタミンCも1.000mg配合されています。また、ビタミンE、B2、B6は、L-システインと協力し合い、皮膚の生まれ変わりの周期であるターンオーバーを促進してくれるので、できてしまったしみをスムーズに排出できます。シミ対策はこれ1本で大丈夫です。フィルムコーティング錠で、システイン製剤の特有のにおいがないので飲みやすいですね。

もくじ

シミができる原因とは

シミができる原因は、多くの場合日焼けの積み重ねによるものです。
紫外線が表皮にあたると、肌の内部を守ろうとして、表皮細胞からエンドセリンなどの情報伝達物質が分泌されます

 

次に、エンドセリンなどの物質が、メラノサイト(表皮の一番下の基底層になる色素細胞)に「メラニン色素をつくれ!」という司令を出します。

 

メラニン色素が作られ始めると、チロシンというアミノ酸がチロシナーゼという酸化酵素に働きかけて、メラニン色素へと変換します
そして、メラノサイトで作られたメラニン色素は、表皮細胞へ送り出されて、ターンオーバーとともに角質へと上っていきます。

 

通常、メラニンは、ターンオーバーとともに排泄されます。ところが、メラノサイトは、浴びてきた紫外線を記憶保存していて、浴びた紫外線量がメモリー一杯になると、メラノサイトが異常活性し、メラニン色素をどんどんつくります

 

 

その結果、メラニンが肌に残ってしまい、シミとなってしまうのです。

 

シミの要因となっているのは3つの隠れ炎症

 

シミ、シワ、ほうれい線・・・など女性の肌の悩みは尽きません。そんな肌の悩みを加速させていたのが「隠れ炎症」であったことが最近の研究でわかりました。

 

炎症とは、細菌などの異物が侵入した際の異物を排除するための防衛反応です。肌の内部で発生する活性酸素や過酸化脂質によって細胞が傷いて起こる現象が炎症です。
強い紫外線を浴びて肌が赤くなるのも炎症のひとつです。

 

私たちの気づかない内に、こういった炎症が肌内部で起こっているため、「隠れ炎症」と呼ばれていいます。

 

れ炎症が起きる3つの要因

 

1.紫外線、近赤外線、ブルーライト

 

紫外線以外の光である、近赤外線やブルーライトもシミを招く原因であることがわかりました。光源のLED化とパソコンやスマホのブルーライトは、紫外線よりも肌の奥まで届き、色素沈着するそうです
また、近赤外線もコラーゲンとエラスチンの分解酵素を増やすため肌の再生をたんぱく質の生成を減らしてしまうこともわかっています。

 

2.乾燥、花粉、PM2.5

花粉やPM2.5などの大気汚染物質が、シミなどの要因となっていることが、わかりました。スギ花粉が皮膚につくと、肌が乾燥し、角質の細胞間脂質が分泌されにくくなり、細胞間に隙間ができて、肌バリア機能が低下するからです
また、PM2.5などの大気汚染物質は、メラノサイト(色素細胞)が刺激されるため、
シミなどの発生につながるそうです。

 

3.摩擦

 

シミの原因がスキンケアやメイクなど日々何気なくおこなっているお肌のマッサージなどの摩擦によるものが多いそうです。タオルで顔を拭く時に無意識にこすったり、コットンで肌をこすったり、美顔ローラーやマッサージで強くこすったり、アイメイクするときにチップで目の縁をこすったりしていませんか?
これのこすり刺激がシミの原因になっていたんですね。

 

隠れ炎症解決策
・UVカットクリームをしっかりたっぷり塗る。

・UVカットクリームを何度も塗り直す。
・紫外線以外の光も防衛する日焼け止めを塗る。
・パソコンやスマホにブルーカットのソフトを入れる。
・花粉や大気汚染の付着を防止する衣服や日焼け止めを塗る。
・肌の正しい保湿をして肌バリアを保つ。
・帰宅したらすぐに顔を洗う。
・スキンケアやメイクのときに肌をこすらないようにする。

もくじ

 

シミに効く飲み薬の選び方

医薬品とサプリメントの違いとは?

医薬品とサプリメントの違いは、医薬品が病気やけがの治療を目的に用いるもの。それに対して、サプリメントは、健康の保持や増進を目的に用いるものです。

 

つまり、医薬品は、薬事法に定められている通り、病気の治療や予防を目的とし、その効果効能を製品に表示することを許可されたものです。

 

しかし、サプリメントについては、食品衛生法に定められた「食品とはすべての飲食物をいう。ただし、薬事法の規定する医薬品及び指定医薬部外品はこれを含まない」
とはっきりとした定義は決められていません。

 

ですので、サプリメントは、あくまで嗜好品であり、医薬品ではありません。そこで、サプリメントは、トクホ(特定保健食品)の許可をとり、機能性をうたうようになりました。

 

ところが、現在、メーカー提出の1件の試験データ報告でもトクホの許可が簡単に下りる、という甘い基準が問題となっているため見直しが検討されています。

保健機能食品の分類
1.特定保健用食品
身体の生理学的な機能などに影響を与える保健機能成分を含んでいる食品。略称「トクホ」。個別に審査し化学的な根拠があると認められていたものには、食品の栄養機能がパッケージに表示できる。許可制。
2.栄養機能食品
不足しがちな12種類のビタミン、5種類のミネラルについて量が規格基準を満たしたものには、食品のパッケージに栄養機能の表示が認められている。摂取時の注意喚起も義務付けられている。

もくじ

シミに効く医薬品リスクの区分表示とは

医薬品には、医師による処方必要な「医療用医薬品」のほか、「要指導医薬品」、「一般用医薬品」の3つに区分されます。
効く飲み薬の区分は「第3類医薬品」に該当します

 

要指導医薬品
製造販売の承認を受けてから一定期間を経過していない医薬品及び、毒薬、劇薬。

 

一般用医薬品
第1類医薬品・・・一般用医薬品としての使用経験が少ないものや、副作用、相互作用などの項目で、安全生上特に注意を要するもの。

 

第2類医薬品
副作用、相互作用などの項目で、安全性上注意を要するもの。
また、この中で特に注意を要するものを「指定第2類医薬品」
*「してはいけないこと」の確認をおこない、使用について薬剤師や登録販売者へご相談ください。

 

第3類医薬品
副作用、相互作用などの項目で安全性上、多少注意を要するもの

 

シミに効く飲み薬が体内で作用する仕組み

 

 

口から飲んだ薬が体内でどのように効くのかを知っていないと、不安ですよね。飲み薬の効き目を現すまでをちゃんとわかっていれば、飲み薬に選び方や使い方を間違えることがありません。

 

通常、口から体内に入った薬は、体内動態といって、吸収⇒分布⇒代謝⇒排泄というプロセスで体外に出ていきます。

 

薬は、小腸で吸収された後、心臓から血流にのって体内の各部位に運ばれ、病変部位で薬効を発揮したら、肝臓で代謝され、そのほとんどは腎臓から尿と一緒に排出されます。

シミに特化した飲み薬の効くプロセスとは
  1. 紫外線が肌に当たると、肌内部を守るためにエンドセリンなどの情報伝達物質が分泌される。
  2. エンドセリンなどの物質が、メラノサイトに「メラニンを作れ」と指令を出します。
  3. メラノサイトで作られたメラニン色素は、表皮細胞へと送り出されます。
  4. ビタミンC(アスコルビン酸)は、出来てしまったメラニンを褐色化させる直接還元作用があります。つまり、メラニンを無色化することができるのです。また、チロシナーゼがチロシンを活性するのを阻害する働きがあります。
  5. L-システインは、黒色メラニンの生成を抑え、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進し、メラニン排出を早め、肌を正常化させる働きがあります。
  6. ビタミンEは、血行をよくして、ビタミンB2やビタミンB6は、L-システインと同様にターンオーバーを促進させる働きがあります。


もくじ

シミに効く有効成分で選ぶ

L-システインの効果効能

 

 

 

1.黒色メラニンの生成を阻止する
シミのもとになる色素細胞のメラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑える働きがあります。

 

2.ターンオーバーを正常化する
皮膚の表層にある細胞を構成するゼラチンの材料となり、表皮の新陳代謝を促して
メラニンの排泄を早めターンオーバーを正常化させる働きがあります。

 

3.優れた抗酸化作用
紫外線やストレスなどによる活性酸素を除去し、肌トラブルを改善する働きがあります。

 

4.体の代謝を促す
肝臓の働きを助け、代謝をスムーズにするので、疲れやだるさなどを軽減する働きがあります。

 

ビタミンC(アスコルビン酸)の効果効能

 

 

ビタミンCは、L-システイン同様チロシナーゼの働きでシミの生成を抑える働きがあるので、相乗効果としてL-システインとともに配合されます。

 

 

 

1.活性酸素を消去して体の酸化を防ぐ
ビタミンCは抗酸化力が強く、過酸化脂質の生成を抑えて、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを予防する働きがあります。

 

2.皮膚や骨を丈夫にするタンパク質「コラーゲン」の合成を助ける。
コラーゲンが合成されるときに欠かせないのがビタミンCです。
コラーゲンは皮膚や元、軟骨などの結合組織を構成するタンパク質で、皮膚や骨、血管などを丈夫に保つ働きがあります。

 

3.ストレスに適応するためのホルモン合成を助けるなど。
私たちはストレスを感じると、それに対抗するためアドレナリンを放出し、防御態勢に入ります。ビタミンCは、ストレスにも働きかけ緩和させる働きがあります。

 

ビタミンB1の効果効能

ビタミンB1の働きには、乳酸を分解してエネルギーに変える手助けをしています。つまり、疲れを回復させる働きがあります
だから、疲れた~と感じるときはビタミンB1不足かもしれませんね。

 

それから、もう一つ大事な働きがあります。
糖質の代謝です。
脳のとっては糖質だけをエネルギー源としているので、重要な栄養素になります。頭の回転をよくしたいならビタミンB1は絶対必要な栄養素です。ダイエットをしている人にとっても大切な栄養素でもあります。

 

不足すると、イライラやだるさの原因になります。
疲れた~と感じるときはビタミンB1が不足しているかもしれませんね。

 

ビタミンB1を多く含む食材には、豚肉(ヒレ、ロース、ばら肉)、ウナギなどがあります。

 

ビタミンB2の効果効能

 

 

 

全身の細胞の再生と成長を促進する働きがあります。
肌でいうと、皮膚細胞の修復と再生に役立っているのです
肌の生まれ変わりの周期(ターンオーバー)を正常に保つことで、美肌が保てるのです。

 

また、ビタミンB2には、三大栄養素である糖質、タンパク質、脂質の代謝を促して栄養に変える働きがあります。特に脂質の代謝を促すことで、ダイエットには欠かせません。

 

不足すると、ターンオーバーの周期が乱れて、肌トラブルが起こりやすくなりますまた、ホルモンバランスの乱れが起きて新陳代謝の乱れにつながります。
冷え性や便秘もビタミンB2が不足していることが原因になっていることもあります

 

ビタミンB2は、体内に貯蔵できないので、こまめに摂るようにするといいでしょう。
ビタミンB2を多く含んだ食品には、レバー、ウナギ、サバ、卵、キノコ類、牛乳、チーズ、アーモンドなどがあります。

 

ビタミンB2は、水溶性ビタミンなので、水に溶けやすい性質上、洗わずに飲んだり食べたりできるもののほうがいいでしょう。

 

また、ビタミンB2は、アルコールと一緒に摂ると、効果が下がりますこれは、アルコールに脂肪を分解する働きあるため、大量のビタミンB2を消費するからです。なので、お酒を飲むときは、つまみにビタミンB2を含む食品をたくさん食べるようにしましょう。

 

ビタミンB6の効果効能

 

ビタミンB 6は皮膚炎を予防することから発見された水溶性のビタミンビタミンB6には、タンパク質をエネルギーに変えたり、筋肉や血液を作るときにサポートをする働きがあります。

 

また、ビタミンB6はシステインの合成を促す作用があるため、一緒にとるとシミ対策として相乗効果があります。

 

食事から取り入れたタンパク質は一旦アミノ酸に分解されますが、タンパク質に合成される時に補酵素として働くのがビタミB6です。
ビタミンB 6を十分に摂取しておくことでタンパク質の合成がスムーズに進み、健康な皮膚や髪、歯などを維持することができます。

 

不足すると、肌荒れや口内炎など肌トラブル、イライラや不眠症を引き起こす原因となります。ビタミンB6を多く含む食品には、肉類、レバー、マグロ、カツオ、米などの穀類があります。

 

ビタミンE(トコフェロール)の効果効能

「若返りのビタミン」「アンチエイジングのビタミン」とも呼ばれ、強い抗酸化作用で、有害な過酸化脂質の生成を防ぎ、細胞の老化を防ぎます。

 

ビタミンEは、脂溶性ビタミンとして細胞膜に存在し、活性酸素の攻撃から細胞膜を守る働きをしています。抗酸化作用は、細胞の酸化を防いでくれるので、肌の代謝を促しシミ予防にもなります

 

 

また、ビタミンEは、末梢血管を広げて血行を促す働きもあり、冷え性を改善します。さらに、ビタミンEはホルモン分泌を促す働きがあります。
女性の場合は月経痛や月経不順、月経前症候群などの改善効果があります。男性の場合は、精子の数の増加や精力減退の改善などの効果があります。

 

不足すると、シミやしわなど見た目の老化や内臓の老化につながります。血管がさびることで、血流が悪くなり、頭痛や肩こりなどを引き起こすからです。

 

ビタミンEを多く含む食品には、ウナギのかば焼き、アーモンド、かぼちゃ、モロヘイヤなどがあります。ビタミンEは、脂溶性ビタミンで熱にも強く、油脂と一緒にとると吸収率が高まります。

 

さらに、同じ抗酸化力の高い、ビタミンAやビタミンCと一緒にとるといいでしょう。

 

もくじ

 

薬の飲み方について

薬の飲み方4つのポイント

 


錠剤を砕いたり、カプセルを開けて中身を飲んではいけない

 

薬を飲む時に、錠剤を噛み砕いたり、カプセルを開いて中身を取り出して飲んだりしてはいけません。
なぜなら、薬は用途と効果を考えて製剤化してるからです。
水で飲む錠剤やカプセル剤は、光や湿度などにより成分が分解することがあり、薬の働きが損なわれるため、効果が発揮できなくなるのです。
錠剤や丸薬、粒剤を噛み砕いたりしても効果が早く現れることはありません。

 

ただし、口腔崩壊錠は、口の中でゆっくり溶かして飲みます。
また、舌下錠は口の粘膜から吸収されるようになっているので、舌の下でゆっくりと溶かします。
散剤(粉薬)で苦味があるときは、オブラートに包んで飲んでもOK.です。

 


寝たまま薬を飲まないこと
薬を飲む姿勢ですが、上半身を起こした状態で飲むようにしましょう。
寝たままで飲むと、薬で食道を通うかするタイミングが悪くなり、薬が喉につかえるからです。
病人に薬を飲ませるときは、上半身を起こして、飲ませた後もしばらく起こしたままにしておきます。
そうすると、薬が食道へ逆流することも防ぐことができます。

 


薬はぬるま湯で飲むこと
錠剤、カプセル剤、粉薬は、コップ1杯のぬるま湯(37℃くらい)、または水で飲みます。薬をぬるま湯や水で飲むのは、薬をすみやかに胃へ流し込むためです。
薬は水よりもぬるま湯の方が、胃の温度を下げないので、薬を溶かすのに都合がいいからです冷たい水は、胃に負担をかえるのでよくありません。

 

また、錠剤やカプセルを水なしでは飲まないように注意しましょう。
薬をぬるま湯や水と一緒に飲まないと、薬が食道にひっかかって薬が溶け出し、食道炎を引き起こすこともあります

 

薬は、ぬるま湯または水で飲むようしましょう。
食後30分以内に飲む薬の場合は、あまり濃くないお茶やジュースで飲んでもかまいません。これは、あくまでもぬるま湯やお水が無い場合です。

 

鎮痛剤や解熱剤を空腹時に飲む場合は、牛乳で飲んでも構いません。
食事を取れない事情があるときの胃壁を荒らさないための対処法です。

 

ただし、牛乳と一緒に飲むのを禁じられている薬もあります。
これは、牛乳にカルシウムが含まえているため、薬に吸収が悪くなることがあるからです。

 

それから、薬とアルコール類と一緒に飲むことは絶対にしないでください。薬の作用が強くなるからです。

 


薬は基本的には食後30分以内に飲むこと
薬には、用法、容量、副作用、使用上の注意などが記載されている、説明書が添付されています。添付文書は必ず保存してよく読んで確認してください

 

「1回1錠、食後なるべく30分以内に服用してください」などと書いてありますので、必ず用法と容量を守ることが副作用や事故を防ぐ手段です

 

薬は飲む時間が決められています。
なぜなら、薬は化学的性質や薬理作用などを考えて、飲む時間が決められているからです。だから、決められた時間に薬を飲む事が大切なのです

 

服用時間は、血中濃度や半減期をもとに決められています
体内の薬の量の増減を表しています
体内で薬の量が最大血中濃度になって、その濃度が半分になるまでを時間で測っているのです

 

薬を飲む間隔が短すぎると、有効血中濃度が上ってしまい、副作用が現われます。逆に薬を飲む間隔が空きすぎると、血中濃度が低くなり、薬の効果が期待できません。

 

つまり、薬を飲む時間を守って、血中濃度を一定に保たないと、治療効果が期待できないということです。

 

薬の説明書には、飲む回数と食前、食後、食間など飲む時間が指定されています。わかっているようで、案外わかっていないことも多いですよね。

服用時間の目安
1.食前の服用
食事をする30分前に飲む薬には、整腸剤や漢方薬などがあります。
2.食後の服用
食事をして30分以内に飲む薬には、解熱剤、鎮痛剤などがあります。
薬は4~6時間は効果が持続するものが多く、1日3回の食後服用が一般的。
3.食間の服用
食事をしてから2時間程度たって飲むう薬には、たとえば胃粘膜保護薬、制酸薬などがあります。
4.寝る30分くらい前に飲む薬には、胃潰瘍薬、便秘薬、睡眠改善薬、喘息の発作予防薬などがあります。

もくじ

薬の安全性と副作用について

副作用はなぜ起こるのでしょうか?

 

薬には、目的どおりに現れる効果を主作用といい、別の部位で悪い作用がでることを、副作用といいます。薬を正しく飲んだのに、体に有害な作用や不快な作用が現れるのです。

 

WHO(世界保健機構)では、副作用を以下のように定義しています。

 

「予期しない有害反応で、予防、診断、治療の目的で、人体に通常用いられる容量の医薬品により起こるもの」
副作用については、薬の添付文書(説明書)に必ず記載されていますので、保管して読むようにしましょう。

 

副作用が起こる3つの原因
1.薬そのものが原因で起こるもの。
2.アレルギー体質によるもの。
3.薬の飲み合わせによるもの。

 

【L-システインの副作用】

システインは、体内で作り出せる栄養素でアミノ酸の一種です。
体内で作れる物質は比較的安全性が高いものです。

 

しかし、L-システインを摂りすぎると吐き気や下痢、腹痛などの症状が出るということがあります。 1日あたり1500mg以上を摂ると摂り過ぎの量になるようです。

 

また、L-システインを継続的に摂っている人に白髪が増えたとか、髪全体の色素が薄くなってきたとか、黒髪から茶色かかった色に変わったということも報告されています。

 

こういった現象が起きるのには、システインにメラニンの生成を抑制する働きがあるからです。この働きがあるために髪の毛のメラニンも少なくなってしまい、その結果白髪になりやすくなるといった副作用があることを知っておきましょう。

 

また、こういった副作用を防ぐことができる栄養素がビオチンがあります。ビオチンはビタミンB群のひとつで、美肌効果のアトピー薬としても使われている栄養素です。ビオチンは、コラーゲン生成を助ける作用や頭皮の血行促進などの働きがあり、皮膚や粘膜の健康状態を保ってくれます。
L-システインをとるときは、一緒にビオチンをとるようにすると白髪が予防できます

 

L-システインには、メラニンの生成を抑制する働きと、できてしまったメラニンの排出を促進する働きがあります。
ですが、そんな悪者あつかいされているメラニンですが、本来は紫外線やさまざまな刺激から細胞を守るというに大切な役割を担っています。

 

もし、メラニンの十分な量を作ることができなければ、紫外線を防ぐことができないため炎症が起きたり、遺伝子を傷をつけたりして、さまざまな病気を引き起こすこととなります。

 

そもそもL-システインの働きは、メラニン生成をブロックすることです。

 

ですので、L-システインをたくさん摂取すればするほど、メラニンが作られなくなって量が足りなるのです。そうなると、肌を守るメラニンが少ないので、逆に紫外線の影響を受けやすくなるます。

 

悪い影響を避けるためには、L-システインを過剰摂取しないようにすることと、紫外線を浴びないように普段から肌をUVカットする習慣を持つことが大切です

 

紫外線対策には、UVカットクリームをつけたり、日傘を使ったり、サングラスをかけたり、UVカット素材の洋服を着用したりしましょう。ちょっとした心がけで、肌の調子は変化します。

 

また、紫外線の悪い影響として活性酸素が発生することがあげられます。この活性酸素から身を守るためには、抗酸化ビタミンを意識して摂る必要があります。

 

紫外線対策に欠かせないビタミンは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。これらのビタミンは、肌の健康に深くかかわる栄養素ですので、しっかり摂ることが大切です。

 

抗酸化ビタミンを含む食品には、ほうれんそう、にんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜があります

 

【ビタミンCの副作用】

 

ビタミンCは水溶性ビタミンですので、たとえ過剰摂取した場合でも、摂り過ぎた分は尿として排出されるため、副作用の心配はほとんどありません

 

ただし、1000mlを超えて過剰摂取すると下痢や吐き気などの症状を引き起こすことがあります。また、空腹時に2000㎎の摂取でごくまれにですが、吐き気をもよおす こともあります。

 

これらの副作用が出た場合には、摂取量を抑えるなり、摂取するタイミングを工夫すれば回避できます。

 

ですが、サプリメント大国アメリカでは、ビタミンCを長期間に渡って大量に摂取したことにより、腎機能に障害が起こったということも報告されています。人によってはたった500mg位のビタミンCでも腎臓結石の原因となったケースもあります。

 

ですので、長期的にビタミンCを服用する場合には、特に腎機能に異常が出ていないかどうかを常にチェックすることが大切です。

 

【ビタミンB1の副作用】

疲労を回復し、糖質を代謝する栄養素であるビタミンBを過剰摂取してもほとんど副作用はありません。
非常にまれですが、頭痛や不眠症、腸の不調、皮膚炎などが起こることもあります。

 

しかし、症状はいずれも軽く、ビタミンB1の摂取をやめれば、副作用はなくなります。

 

【ビタミンB2の副作用】

ビタミンB2は、腸からの吸収されています。
吸収する量に限界があるため、過剰摂取しても余剰分は尿から排出されるので、副作用が起こることは滅多にありません。

 

まれに、しびれや下痢、頻尿が起こることもありますが、症状はいずれも軽いものです。
ビタミンB2の摂取をやめれば、後遺症が残ることもありません。
また、他のサプリメントや医薬品と併用したときも、副作用の心配はありません。

 

【ビタミンB6の副作用】

ビタミンB6を過剰摂取した場合、副作用が起こる可能性があります。
過剰摂取の量は、毎日ビタミンB6を数カ月間、1000mg以上摂取した場合です。過剰摂取した場合の副作用には、手足のしびれや痛みなどの神経障害や感覚障害、腎臓結石などがあります。

 

ビタミンB6の1日あたりの上限量は、成人の男女で600mgです。ですので、これを超えなければ、副作用の心配はほとんどありません

 

また、他のサプリメントや医薬品を併用しても、健康上のトラブルは、ほとんどありません。ただし、フェニトイン、レボドパなどの薬と併用すると、薬の効果を低下させることがあります。

 

心配な方は、医師や薬剤師に相談することをおすすめします。
もくじ

【ビタミンEの副作用】

ビタミンEの摂取量の目安は、17~9mgです。
その位摂れば十分健康を維持できる量になっています。

 

ビタミンEの1日の摂取量の上限は、600mg~800mgですが、過剰摂取で大きな副作用が起きたというような報告もありません。

 

しかし、体質により600mg以上摂取した場合、皮膚のかゆみやほてり、むくみ、胃の不快感、頭痛などが起こることもあります。いずれも、副作用の症状は軽く、摂取するのをやめれば、短期間で回復します。

 

なお、ビタミンK欠乏症の人や外科手術した直後の人が過剰摂取すると血液が固まりにくくなることがありますので、注意してください。

 

【パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)の副作用】

パントテン酸カルシウムは、ビタミンの一種で、糖分や脂質、たん白質などの代謝を促進したり、皮膚を正常に保つ働きがあります。

 

パントテン酸カルシウムを過剰摂取してもほとんど副作用はありあせん。

 

まれに軟便、下痢、おなかが張る、吐き気などがある場合がありますが、いずれも軽いもので、摂取をやめれば症状は治まります。
パントテン酸カルシウムの1日の摂取目安は、10mm~200mgです。

 

【ローヤルゼリーの副作用】

 

ローヤルゼリーは、薬ではなくサプリメント(健康食品)であるので、副作用というのはありませんが、もともとアレルギーがある方は注意が必要です
それは、ローヤルゼリーは、蕎麦アレルギーや小麦アレルギー、卵アレルギーと同じで、アレルギーが起こりやすい物質だからです。

 

ですので、アトピーや喘息をお持ちの方は、アレルギー反応を引き起こす可能性が高いのです。アレルギーをお持ちの方がローヤルゼリーを利用する場合は、 医師や薬剤師に相談されることをおすすめします。

 

また、アレルギーではありませんが、胃が少し重くなるといった症状が起こることもあります。これは、空腹時に一気にサプリメントを飲むことが原因でないかと思われます。

 

サプリメントは薬ではありませんが、有用成分により、胃の弱い方にとっては負担になることもあります。このような方の場合は、1日2回以上に分け、食後に飲むと、胃の負担も軽くなります。
もくじ

副作用の症状のまとめ

シミに効く飲み薬は、医薬品でも第3類に該当し、一般用医薬品のうち、安全・健康上のリスクが比較的低い医薬品です」とあります。
つまり、副作用の少ないお薬ということです。

 

しかし、体質や体調により薬は効く人、効かない人、さまざまです。
副作用も必ず起きるものではなく、個人差があります。

 

 

それは、薬の吸収、分布、代謝、排泄という体内での薬の動きが早い人、遅い人など体の感受性に個人差があるからです。

 

副作用の起こり方は、複雑でわかりにくのですが、シミに効く飲み薬の場合は、用法容量をきとんと守れば、副作用はほとんどないといえるのではないでしょうか。

 

なお、薬を飲んで「なんだかちょっと、合わないなあ」と感じたら、なるべく早くに医師や薬剤師に相談して、判断を仰ぐようにしましょう。

 

>>おすすめのシミに効く飲み薬ランキング

カラダ内側から美肌になる9つの方法

肌断食でリセットしてみる

肌断食とは、化粧品をすべて断つ方法です。
宇津木先生が提唱されている基礎化粧品のケアをすべて断って、「水で洗うだけ」というとてもシンプルなスキンケア法です。

しかし、化粧品をやめるだけでは美肌になれるというのですが、それは本当でしょうか?
宇津木先生によると、肌にはみずから潤う天然の保湿力が備わっており、その保湿力はどんな高価なクリームでも太刀打ち出来ないほど優れたものだそうです。

 

私たちの肌は本当によく出来ていて、天然の保湿因子を持っています。
その上、皮膚に棲みついている常在菌が、肌を病原菌から守ってくれています。

 

実は、この優れた機能を化粧品が壊しているというのです。
何も塗らなければ、肌はキレイになるのです。
だから、基礎化粧品のケアをすべて断ち、水で洗うだけの簡単スキンケアです。

肌断食の3ステップ

  1. 肌の保湿バリアを守るために化粧品をつけない
  2. 肌の保湿因子が剥がれないように、クレンジングなどでこすらない
  3. クレンジング剤や洗顔料が肌の構造を壊すから水だけで洗う

 

私も半信半疑で肌断食をやってみましたが、これは大正解でした。
肌がキレイになったばかりではなく、何よりも化粧品代が節約できて、そのお金で美味しいものを食べにいくことができました。
週末だけでもプチ肌断食をお試しください。
もくじ

美肌睡眠を実施する

 

睡眠不足で、朝起きたら化粧のノリが悪かった。なんてことは誰でも経験があると思います。寝不足ではどんな高級な美容液を塗っても美肌を保つことはできません。

 

6~7時間の睡眠をとることが美肌を作る上ではかなり重要です。
その理由は、肌の再生が寝ている間に行われているからです。

 

肌は表皮に基底部というところで、ターンオーバーのはじまりとなる細胞分裂が起こり、生まれ変わります。
この細胞分裂が睡眠中に行われているのです。

 

起きているときは、血液が脳に集中して流れています。
ですので、肌には栄養がほとんど行き渡りませんが、睡眠中は体のあちこちに血液が流れて、肌にも栄養が行き渡り、肌が再生し始めます
だから、寝不足はお肌の大敵なのです。

 

また、睡眠は時間も大切ですが、その質も重要です。
夜寝ている間に分泌される成長ホルモンは、肌の修復に使われるものですが、とくに眠りはじめの3時間が分泌が盛んになります。

 

そのため、眠りはじめて3時間までの睡眠の質をもっとも上げなければなりません。最初3時間にぐっすり眠れるかが美肌を作る鍵です。

 

快眠のためには、昼間の時間の過ごし方を見直す必要があります。
例えば、昼間長時間パソコンに向かって仕事をしている人などは、脳が緊張状態にあり、なかなか寝つけないことがあります。

 

体の機能をコントロールしている自律神経の働きにも関係があります。昼間活動している時に働く交感神経と、体を休めてリラックスするときに
働く副交感神経がありのはよく知られています。

 

質のよい睡眠を得るためには、寝る前に神経の興奮を静め、体をリラックスモードにする副交換神経を活発にする必要があるのですね

 

それから、お肌のためには、規則的な睡眠も必要です。
明日は休日だからと、前日に寝だめをしたり、夜更かしをしたら翌日はダラダラを長時間寝たりしてしていませんか?
これはすべてお肌のためにはNGなのです。

 

遅くとも1時までにはふとんに入るようにすることや夜更かししても
いつもの時間にはちゃんと起きることが大事なのです。

 

そのためには、朝は8時までの起きて朝日を浴びるとか、寝る時間と起きる時間を一定にします。
規則正しい生活をすることで、睡眠のリズムが整えられるからです。

 

美肌食をとる

ほんとにキレイになりたいなら、体の中側からも綺麗を目指しましょう。特に毎日食べる食事には気をつけたいものですが、美肌食とは一体どのような食事なのでしょうか。

 

お肌のためにまず取り入れてほしいのが、たんぱく質が豊富な肉や魚です。なぜなら、肉や魚に含まれるたんぱく質は、肌を生み出す栄養源だからです。
たんぱく質は肌のハリを作るコラーゲンのもとにもなりますので、1日に最低でも100グラムは肉や魚から摂って欲しい栄養素です。

次に摂り入れてほしい栄養素は、ビタミンです。ビタミンが豊富な食材に野菜が上げられますが、厚生労働省が推奨するのは、野菜1日350グラムとなっています。

 

美肌を守る野菜の量としては、緑黄色野菜100g、淡色野菜200g、豆やきのこ、海藻などが50gの合計350gです。
緑黄色野菜とは、100gあたり600μg以上のβカロテンを含む野菜のことで、ブロコリーやほうれんそう、ピーマンなどがあります。

 

淡色野菜とは、緑黄色以外の野菜のことで、キャベツやレンコン、なすなどがあります。野菜の摂り方ですが、生野菜で食べたり、ジュースで飲んだりすると、体を冷やしてしまうので、できるだけ温野菜で摂る法がお肌のためにはいいです。

 

体を冷やす食材には、トマト、レタス、柑橘類、柿、大根などがあります。体を温める食材には、にら、しょうが、かぼちゃ、青魚、牛肉、鶏肉などがあります。

 

ここで注意しないといけないのが、コラーゲンの多い食品やサプリメントから摂取しても、肌のコラーゲンはあまり増えないという事実です。

 

たんぱく質の一種であるコラーゲンを体内に取り入れると、アミノ酸に分解されたあと、たんぱく質に合成されて体内の必要な箇所で使われます。ですので、食べたコラーゲンがそのまま肌だけに使われるわけではないのです。

 

では、どうすれば肌のハリを保つといわれるコラーゲンを増やせるのでしょうか。それはビタミンC誘導体の化粧水やレチノール配合の美容液などを使うことです。

 

最近は抗酸化物質が含まれるサプリメントを摂って、肌のアンチエンジが出来ると思われている方も多いですが、サプリメントはあくまで栄養補助食品です。トクホ以外は効果効能をうたうこともできません。ビタミンなどの栄養補給は、できるだけ食べ物から取り入れるのがいいのではないでしょうか。

肌のアンチエンジに役立つ栄養素
1.ビタミンA(βカロテン)

 

にんじん、かぼちゃ、にら、小松菜、豚レバー、モロヘイヤなど
2.ビタミンC
ブロコリー、芽キャベツ、カリフラワー、柿、キウィ、菜の花など

3.ビタミンE

ナッツ、アボカド、オリーブオイル、うなぎなど

4.イソフラボン
大豆、豆乳、とうふ、納豆、みそ、きなこなど
5.アントシアニン
ブルーベリー、ぶどう、なす、紫いも、赤じそなど
6.フラパノン
オレンジ、レモン、グレープフルーツなど
7.リコピン
トマト、柿、すいかなど
8.ルテイン
ほうれんそう、ブロコリー、ともろこしなど
9.アスタキサンチン
鮭、かに、えび、いくらなど

もくじ

美肌ジュースを飲む

 

究極の飲む美容液といわれているのは、にんじん+リンゴジュースです。レチノールという成分が、最近美容業界で注目されているのをご存知でしょうか。このレチノールというのが、ビタミンAのことです。つまり、レチノール=ビタミンAで、にんじんに多く含まれている成分なのです。

 

だから、にんじん+リンゴジュースは究極の美容液なのです

 

 

肌の表面から栄養分をとるためには、「表皮のバリア機能」を突破しなければなりません。ですが、ジュースの場合は、体内の血液によって運ばれていくので、お肌に早く届けられます。ビタミンAというのは、お肌にとってはとても重要な栄養素です。

 

ビタミンAが不足すると、皮膚細胞の角質化不全が起こります。
角質化不全というとうのは、肌が乾燥状態になることです。
それだけでなく、皮膚細胞の抵抗力が弱まり、細菌感染を起こしやすくなります。

 

また、活性酸素除去作用やシワの改善にも効果があることがわかってきました。さらに、表皮細胞の再生を助けたり、線維芽細胞を活性化することもかわってきました。

 

まさに、にんじん+リンゴジュースは、究極の飲む美容液なのです

にんじん、りんごジュースの作り方
【材料】にんじん2本(400g)、リンゴ1個(300g)
【作り方】
1.材料をよく洗います。
2.にんじんはへたや皮のついたまま、リンゴは、皮、芯、種のついたままを適当な大きさに切って、ジューサーで絞ります。
3.しぼったジュースをそのまま(常温)で飲みます。
(参考:Dr.石原メソッド「肌断食」著者ムラサキテルミ ぜんにち出版)

もくじ

内臓を冷やさないようにする

体の内側の内臓は肌の鏡といわれています。
内臓が元気であれば、肌もキレイですが、内臓がボロボロなのに、肌がキレイな人はいませんよね。

 

内臓を元気にする方法はたったひとつです。それは、冷え性を改善することです冷え性の原因は、水分のとり過ぎや化学薬品のとり過ぎと食べ過ぎです。

 

いつからからでしょうか、水は1日に2L飲みましょう。
といった、間違った健康情報がまかり通っていました。

 

しかし、必要以上の水分を摂ると、水毒といって水分を排出できなくなってしまうからです。お水の飲み過ぎは体を冷やすばかりではなく、体内の老廃物を排出する力も弱まってしまうため、飲み過ぎには注意が必要です。それに、お肌の代謝も悪くなります。

 

根拠のない間違った情報を鵜呑みにするのはやめましょうね。
それから、化学薬品の多量摂取も体を冷やします
病気の治療などで多様された化学薬品は体温をどんどん下げてしまうのです。

 

化粧品も同じことです。
ケミカルが良いと信じて長年使い続けた化学的な化粧品が冷え性の原因となっていたのです。お肌も冷えると代謝が落ち、美肌から遠ざかります。化学的な化粧品を使うことをやめるだけで、劇的にお肌がきれいになったという経験談は多くあります。

 

食べ過ぎると当然ですが、内臓に負担がかかります。
食べたのもを消化吸収するために、内臓は日夜働き続けてくれているのです。だから、1日中ダラダラと食べている人は、内臓にムチ打って休まず働けーと言っているようなものです。

 

当然ですが、オーバーワークになると、内臓の器官に十分は血液を送ることができなくなります。その結果、体は冷えてしまうのです。

 

決策としては、プチ断食といって、1日だけ食べない日と作ったり、それが難しければ、1日のうち1食だけ抜くようにするだけで、体温は上がります。

 

食べることを少し休むだけで、大事な器官(筋肉、肝臓、脳など)に十分な血液が行き渡るようになるからです。

 

最後に冷え性を改善し、内臓を元気にする簡単な方法をご紹介します。
それは体温を36.5℃以上にあげることです。
体温が35.6℃以上になって、細胞が元気に働けるようになるからです。

 

では、どのようにして体温を上げるといいのでしょうか?
ズバリ、「腹巻きをする」ことです。

 

なぜ、腹巻きなのかといいますと、お腹の中には、大切な臓器が入ってるからです。
胃、大腸、小腸、肝臓、膵臓、脾臓、膀胱、子宮、卵巣、精巣などです。お腹に中に集まっている臓器を効率よく温めてくれるのが腹巻きなのです。

 

私は冷え性でないと思っている人が、実は冷え性だったということが、近年増えています。そんな人を冷え不感症と呼んでいます。

 

もし、あなたが、
「手足が妙に温かい」
「足の裏がほてって靴下を履いていられない」
「冬なのに汗をよくかく」
といった症状をお持ちなら、冷え不感症の疑いがあります。

 

自覚がないまま過ごしていると、知らない内に冷えを体内に
どんどん溜め込んでしまいます。
溜め込むと思わぬ病気となって現れることもあります。

 

そうならない内に、腹巻きを装着してくださいね。

漢方的解消法を行う

20代のしみは、化粧品のかぶれによる色素沈着や大量に紫外線を浴びたときに見られます。30代以降になると、その大半は肝臓の働きが低下することが原因でできる肝斑です。

 

肝が疲れてきれいな血を作ることができなくなり、古い血をためこんでしまいます。つまり、老廃物を排出することができなくなりため、新陳代謝も悪くなり、シミができてしまうのです。

 

このような毒素を排出できない体質を漢方では、瘀血(おけつ)と呼んでいます。シミ、ソバカスができやすい人には、子宮筋腫を持っている人が多く見られます。子宮筋腫は血液の質が悪くなることが原因とされているからです。

 

また、イライラが原因で、シミ、ソバカスになることもあります。これは気滞(きたい)といって、イライラが「肝」を疲れさせ、老廃物をたまりやすくするため、シミを作るからです。

 

解決法としては、「肝」の力を回復することです。
「肝」を回復させるには、アルコールの摂取を控え、十分な睡眠をとることが必要です。

 

また、食べ物では、血を汚す食べ物である、コーヒー、貝類、香辛料、肉類、糖分など)を控え、血行を促進するニラなどを食べるといいでしょう。

 

瘀血(おけつ)タイプは、肝の働きが低下し、女性ホルモンバランスが乱れ、古い血をためこみ滞らせている状態です。
瘀血タイプは、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などの漢方薬がおすすめです。

 

気滞タイプは、気が滞ってイライラして、「肝」の機能が低下します。
ストレスをため込むタプです。
このタイプには、加味逍遥散(かみしょうようさん)や小柴胡湯(しょうさいことう)などがおすすめです。
漢方薬はシミやソバカスに即効性はありませんが、長く飲むことでその効果が現れてきます。

 

漢方薬は、自分勝手に判断しないで、専門家に相談して、自分に合った漢方薬を選んでもらうようにしましょう。

美肌になるツボを押す

 

シミ、ソバカスを改善するツボは、「内分泌」です。 耳の穴の下の切れ込みの内側にあるツボです。 耳の切れ込みに人差し指を入れ、左右同時に、少し痛いぐらい上下にゆすります。 1回1~2分、1日2~3回程度を目安に行ってください。 肌の代謝がよくなるので、シミやそばかすがかなり改善されます。

美肌になる呼吸法をやってみる

 

美肌になるためには、呼吸の質を上げることが重要です。
普段は、意識することのない呼吸ですが、一般的には1日に28.800回も呼吸をしているといわれています。

 

意識しなくても呼吸できるのは、自律神経のおかげです。
365日休むことなく、呼吸を続けてくれて、心臓や内臓も動かし続けてくれています

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。
交感神経は、心拍数を上げ呼吸を早くさせます。主に活動しているときに働いています。
一方、副交感神経は、心拍数を下げ、呼吸をゆっくりとさせ、リラックスさせる神経です。どちらかが優位になれば、片方が抑えられます。

 

心臓や内臓は、意識して動かせることはできませんが、呼吸は意識することによって、自律神経をコントロールすることができます

 

自律神経の乱れによる体の不調は、実にさまざまです。ストレスも例外ではありません。
ストレスによってお肌の調子がよくないことは誰しも経験があることだと思います。

 

では、呼吸で美肌になるには、どうすればいいのでしょうか?
それは、上質な呼吸で4つのインナーマッスルを鍛えることです。
女性にとって大事な4つの筋肉とは、「腹横筋」「肋間筋」「横隔膜」「骨盤庭訓」です。

 

身体は、呼吸と筋肉を連動して意識するだけで劇的に変わります。
どのような呼吸法かというと、とても簡単です。
まずは、長く息を吐ききる練習をします。
「はーっ」とお腹を凹ませながら息を全部吐き切ります。
吐ききると、自然に吐いた分だけ酸素が入ってきます。

 

 

これを繰り返し毎日10分程度行います。
呼吸するときの姿勢ですが、背筋を伸ばして立って行うか、
仰向けに寝て、ビザを立てて、両手をお腹にあって行ってもかまいません。

 

長く息を吐くことで、自律神経が整います
また、幸せホルモンのセロトニンが分泌されるので、心身ともに落ち着きます。その結果、美肌にも貢献できるのです。

 

シミに効く飲み薬を飲む

 

美容液を塗っても、化粧品で隠そうとしてもなかなか消えないシミ。最近、シミやソバカスを薄くする効果があると、シミに効く飲み薬が話題になっています。

 

本当に飲み薬でシミやソバカスを消すことができるのでしょうか?
また、消せるとしたら一体どんな医薬品のどんな成分に効果があるのでしょうか?

 

シミが出来る主な原因は、過剰に紫外線などの刺激を受けたためです。本来、色素細胞が作るメラニン色素は、紫外線から肌を守るためのものです。しかし、過剰に紫外線などの刺激を受けると、過剰にメラニン色素が作られます。

さらに、年齢とともに「ターンオーバー」の乱れにより、メラニンの排出が滞ってしまうので、それがシミとなって肌に残ってしまうのです。

 

黒色メラニンの生成を抑制して排出する有効成分にL-システインがあります

 

L-システインとは、体内の代謝を促す働きがあり、抗酸化作用もあるアミノ酸です。その分子構造=SH(イオウ+水素)皮膚、髪の毛、爪などに多く存在している重要な構成要素のアミノ酸です

 

L-システインは、お肌のターンオーバーを促進し、コラーゲンの生成を助けてくれる美白に欠かせない成分となっています。
 
また、ビタミンCもL-システインと同様に、黒色メラニンの生成を抑制する働きがあり、ます。
もくじ

 

シミに効く飲み薬には、こんな効果があります。

 

1.黒色メラニンの生成をブロックする(L-システイン+ビタミンC)
2.黒色メラニンの産生を抑える(L-システイン+ビタミンC)
3.黒色メラニンを排出する(L-システイン)
4.ターンオーバーを促す(L-システイン+ビタミンB2+ビタミンB6)

 

⇒これらの成分を含んでいるおすすめの「シミに効く飲み薬」

 

 

これ以上、シミを作らせない、濃くしない方法

シミ予防とこれ以上シミを濃くしないための2つの栄養素

シミ予防には、ビタミンC
シミを排出させるには、ビタミンA
この2つの栄養素を食品から摂るようにするのが理想です。

 

ビタミンCには、メラニンの沈着を抑制し、できたメラニン色素を還元してシミを薄くする作用があります。しかし、ビタミンCは、たくさん摂ったからといってとりだめすることはできない栄養素です。

 

そして、ビタミンAには、シミを排出する作用があります。ビタミンAは、ビタミンCと異なり、体内に蓄えれるためとりだめができます。
この2つの栄養素を下記の食品を参考にして、毎日食べるようにしましょう。
シミ対策のトップ2の栄養素です。

 

 

ビタミンCを含む食品(100g中に含まれる量)
赤パプリカ・・・・・・(170mg)
黄パプリカ・・・・・・(150mg) 
菜の花・・・・・・・・(130mg) 
ブロコリー・・・・・・(120mg)
かぶの葉・・・・・・・(82mg) 
カリフラワー・・・・・(81mg) 
ピーマン・・・・・・・(76mg) 
ゴーヤ・・・・・・・・(76mg)
豆苗・・・・・・・・・(70mg) 
キウィ・・・・・・・・(69mg) 
ルッコラ・・・・・・・(66mg) 
いちご・・・・・・・・(32mg) 
さやえんどう・・・・・(60mg)
ネーブル・・・・・・・(60mg) 
パパイヤ・・・・・・・(50mg) 

キャベツ・・・・・・・(41mg) 
じゃがいも・・・・・・(35mg) 
トマト・・・・・・・・(32mg)


 

 

ビタミンAを多く含む食品(100g中に含まれるもの)

鶏レバー・・・・・・・(1400μgRE)
うなぎ・・・・・・・・(1500μgRE)
モロヘイヤ・・・・・・(840μgRE)
にんじん・・・・・・・(680μgRE)
豆苗・・・・・・・・・(680μgRE)
ほうれんそう・・・・・(350μgRE)
かぼちゃ・・・・・・・(330μgRE)
大根の葉・・・・・・・(330μgRE)
ルッコラ・・・・・・・(300μgRE)
にら・・・・・・・・・(290μgRE)
小松菜・・・・・・・・(260μgRE)
かぶの葉・・・・・・・(230μgRE)
菜の花・・・・・・・・(180μgRE)
チンゲン菜・・・・・・(170μgRE)
プルーン・・・・・・・(110μgRE)
ブロッコリー・・・・・(67μgRE)

にんいくの芽・・・・・(60μgRE)


おすすめシミに効く飲み薬ランキング

 

 

もくじ

 

更新履歴