シミが薄くなるサプリメントや飲み薬はあるの?

メラニンはありがたい存在?!

メラニンには、黒色メラニン(ユーメラニン)と肌色メラニン(フェオメラニン)の2種類があります。人の肌の色は、黒人・白人・黄色人種によって大きく異なりますが、同じ人種でも個人差があります。

 

そんな肌の色を決定する要素の1つにメラニン色素があります。
黒色メラニンの量が多いほど、肌や髪の色が黒く濃くなります。

 

実はメラニンは、シミの元になる悪者として見られがちですが、メラニン色素には紫外線から肌を守るという重要な役割があります。紫外線を浴びると増えるメラニンには、発がん性の有害な光線を吸収してUV-Aとカット効果を発揮したり、活性酸素を無害化する働きがあるのです。

 

もし、メラニン色素がなければ、紫外線は肌の奥まで入ってしまい、水ぶくれになったり炎症を起こしたりします。ひどくなると、遺伝子を破壊されて皮膚がんになることもあります。

 

 

メラニンを作ることで、これ以上紫外線を浴びたらガンになるから注意してくださいね。という警告なのかもしれません。

 

しかし、そんなありがたいメラニンですが、果たして美白化粧品で減らしてしまっても大丈夫なのでしょうか?実は日本で許可されている美白剤の成分には、メラニンを作る合成や活性を抑えるだけで、メラニンを作るメラノサイトは破壊しないように作られています。

 

 

ですので、美白化粧品は、メラニンを作る酵素を休眠させているだけで、紫外線を浴びれば、またメラニンをすぐに作り出してくれるのです。

 

つまり、何ヶ月もかかった美白効果も紫外線をちょっとあびるだけでゼロになるのです。
だから、UVカットと美白化粧品は一緒に使わないと意味がないということです。高価な美白化粧品を使っている方は気をつけてくださいね。