シミが薄くなるサプリメントや飲み薬はあるの?

真夏の紫外線を防ぐSPF値は?

真夏の正午の紫外線を1時間浴びる場合は、SPF50は必要です。
紫外線を防ぐためにはSPF値が高い方が効果があります。

 

アウトドアに限らず日常生活においても、SPF値が高いものを塗ったほうがいいというのが、最近の常識です。

 

 

SPF50は、紫外線量を50分の1にするものですので、真夏の日差しを防ぐためにはこれぐらいのSPF数値は必要だということでしょう。