シミが薄くなる飲み薬はあるの?

シミの種類別飲み薬以外の対処法

 

シミでもっとも多いのが老人性色素斑です

これは日焼けの積み重ねによってできるものです。

 

 

シミは境界線がはっきりした茶色か黒褐色のものです。
ソバカスの正式名称は、雀卵斑。遺伝的要素が強く、子供の頃から出始めることが多い、鼻筋などにできる5mm以下の小さな色素斑です。
20歳までは濃くなる傾向にありますが、加齢とともに薄くなることが多いです。

 

シミに対して、美白化粧品が有効がどうかというと、ごく薄い初期段階では効果がありますが、しっかり定着してしまったシミにはほとんど効果が期待できないといわれています。

 

どうしてかというと、しっかり定着してしまったシミ(老人性色素斑)は、メラニンが増えているだけでなく、皮膚の構造そのものにダメージを与えてしまっているから美白化粧品では改善できない状態になっているのです。

 

シミにもいろいろな種類がありますが、ほおにできているからといって、それが「肝斑」であるかどうかは、わかりません。
多くの場合は老人性色素斑であることが多いようです。

 

ですから、どんな種類のシミなのかは、美容皮膚科に行って相談するほうがいいでしょう。勝手に自分で判断し、高額な化粧品を使い続けても意味がないからです。

 

老人性色素斑

 

シミのなかで最も多いタイプが老人性色素斑です。別名を日光性黒子とも呼ばれています。30代過ぎてから、顔、手、背中など紫外線の影響できてしまうものです。
ほお骨の高いところにできやすいく、大きさは様々です。

 

境界線がハッキリしていることが多く、表面がザラザラしているものもあります。
初期の頃のシミには美白有効成分の効果がありますが、定着してしまったシミには化粧品で消すことは難しいです。

 

輪郭がはっきりしたシミには、レーザー治療が短期間で消すことができます

 

脂漏性角化症

30代過ぎてから、顔、手、背中など日光に当たることろにでてきます。
形や大きさは様々で、境界線がハッキリしていることが多く、表面がザラザラしているものもあります。
美白化粧品は、皮膚の形態そのものが変形してしまっているため、効果はありません。

 

シミを薄くする方法には、製剤を塗ったり、レーザー治療などがあります。製剤には、ハイドロキノン製剤やレチン製剤があります。レーザーには、短期間でとれるQスイッチルビーレザー

 

回数は何回かかるフォト治療(LPL)などがあります。
盛り上がりのある老人性のシミは、液体窒素のよる凍結法や炭酸ガスレザー、エルビウムレザーなどで一度に取れます。

 

肝斑

30代~40代で発症しやすい。女性ホルモンによる影響や、肌のこすりすぎ、肌に合わない化粧品などが原因といわれています。
特徴は、両頬に左右対称でできるぼんやりした褐色斑で面状や点状見られるものです。
身体の組織が変形や破壊されているわけではないので、継続治療が必要です。美白化粧品が有効です。
治療には、トラネキサム酸という内服薬を服用することが多いです。

 

シソバカス(雀卵斑)

ソバカスは遺伝的にできるシミのことです。子どもの頃から発症することが多いです。
シミの形は、円よりも三角や四角になっています。
どちらかというと白人に多く見られます。

 

そばかすの特徴は、両頬や、鼻の頭を中心にして、左右対称にできることです。1~5ミリ大の小さな色素斑が、均等に分布し色は明るい褐色です。

 

遺伝的な要素が強いと美白化粧品の効果はあまり期待できないようです。
治療には、Qスイッチルビーレザー、フォト治療(LPL)、美容レーザーなどがあります。

 

太田母斑、後天性メラノーシス

太田母斑、後天性真皮siメラノーシスは、真皮に出来るシミです。表皮の下の真皮にメラノサイトが増えることでメラニン色素がとどまってできる青みがかったシミです。

 

太田母斑はアザの一種です。
思春期近くになって、眼瞼やほお骨部分や額などにできます。

 

後天性真皮メラノーシスは、その中で、大小不揃いで1~3ミリメートルの褐色から灰褐色をした小さな班が散らばって見える青あざの一種です。

 

治療には、Qスイッチレーザーが使用されます。

 

炎症後色素沈着

 

けが、やけど、ニキビあと、アトピー性皮膚炎などのあとにできるものです。特徴は、少し赤味を帯びた褐色斑で、摩擦などの刺激があった部分にできることが多いです。
足や腕の虫に刺された跡がシミのようになっているものやムダ毛を毛抜きで抜いた跡に炎症を起こして黒くなったものもこのタイプになります。

 

美白化粧品やビタミンC誘導体が有効です。治療には、イオン導入、ハイドロキノン製剤などがあります。

 

ADM

20代~30代に多く見られます。特徴は、両頬を中心に左右対称に現われ、やや青み、灰色みがかっています。この色素斑は、鼻の横にも見られることがあります。
治療には、Qスイッチルビーレーザーを何度が照射します。

 

花弁状色素斑

 

花弁状色素斑とは、海水浴などに行って日焼けをしたときに、肩から背中にできる花びらのような形をしているシミのことです。
美白化粧品を使ってもほとんど効果は期待できません。
レーザー治療を行うのが確実です

 

>>おすすめのシミに効く飲み薬ランキング