シミが薄くなるサプリメントや飲み薬はあるの?

肌がうるおう条件とは?

そもそも「肌がうるおいっている」いうのは、どういった状態のことをいうのでしょうか。
うるおい=保湿ができているといことです。つまり、肌自体が保湿物質を作り、角層内に水分をためておくことができる状態のことです。

 

角質の保湿物質には、「皮脂」「天然保湿因子」「セラミドなどの角質細胞間脂質」の3つあります。この内保湿力のナンバーワンは、セラミドなどの角質細胞間脂質です。角層の水分の内80%以上は角質細胞間脂質が守っています。天然保湿因子は、約17%。皮脂にいたっては、3%ほどしかありません。

 

肌のうるおいのカギとなるのが、セラミドなどの角質細胞間脂質なのです。
つまり、セラミドがたっぷりと含んだ肌はうるおっている肌といえるのです。
赤ちゃんの肌がプルプルなのはセラミドがたくさんあるからなんですね。

 

また、セラミドは角層の細胞と細胞を接着する役割もあります。
細胞同士をぴったりと密着させる構造になっていることで、水や異物が入りこまにようにしているのです。これが肌のバリア機能です。セラミドが少なくなると、角質細胞がはがれ落ちたりして、バリア機能は低下します。その結果、肌は乾燥して、かゆみが生じるなどの敏感肌の状態になってしまうのです。